沢の生活

aimottchan.exblog.jp
ブログトップ
2008年 03月 22日

引越しのお知らせ

沢の生活もここで、写真のUPができなくなった為新たに作ります。もうしばらく、時間がかかりそうです。皆さんじゃ~~、春爛漫を楽しんで下さいね。花粉が苦しい~~。

http://godettcha.exblog.jp こちらに、引越しました。遊びに来て下さい。
[PR]

# by aimottchann | 2008-03-22 20:04 | 日々の出来事
2008年 03月 10日

楽しい食卓

c0084467_9521558.jpg
c0084467_953219.jpg
c0084467_9533471.jpg
c0084467_954652.jpg

レストランゴロータのシェフが帰って来ってくると、我が家の食卓は俄然、美味しい御馳走で賑わう。夕飯はシメジ サラミ トマトピザに黒ゴマババロア、昼飯は特製チャーシューラーメン。オレンジ色のテーブルクロスは、さらに、食卓を楽しげに演出してくれます。

そして、シェフは閃いた。次回は、新宿高島屋から最高のチーズを仕入れて来て、ピザを焼こうと。それじゃ~母ちゃんの作る生地は高くても、薄力粉じゃなくて、強力粉にしないとね。そこには、もちろんいつもより高いワインもある。きっとそれは、世界で一つのレストランゴロータでしか食べれない、最高のピザになること間違いなし。



[PR]

# by aimottchann | 2008-03-10 10:10 | レストランゴロータ
2008年 03月 08日

春を呼ぶイチゴババロア

c0084467_16455100.jpg
c0084467_16453719.jpg
c0084467_16531795.jpg

真っ赤なイチゴに真っ白なクリームその中で、鮮やかに映えるミントの緑。春よ来いよと、超簡単イチゴババロアを作りました。イチゴってなんて可愛いんでしょう。すごくファンタジー!
[PR]

# by aimottchann | 2008-03-08 17:05 | レストランゴロータ
2008年 03月 03日

日帰りツアー

チェンマイでは、日帰りツアーに参加しました。いかだで川下り、象のショー、象の背中に乗って山道の散歩、牛車乗り、最後は、タイの花ラン見学。ランチ付きで3000円コースです。
c0084467_16582211.jpg
c0084467_16593981.jpg
c0084467_1659686.jpg

c0084467_1762122.jpg
c0084467_1744559.jpg

旅は2週間、ブログの中で2ヶ月、長い旅でした。これで旅のお話は終わります。そしてまた、せっせ、せっせと働いて来年も美しい国を旅しよう。では、ゴロータの春で会いましょう。
[PR]

# by aimottchann | 2008-03-03 17:13 |
2008年 02月 22日

オカマちゃんに出会った~~

ラオスからは、デラックス夜行バスに乗って、国境を越え再びタイに戻りました。旅の後半は、タイでバンコックに次ぐ2番目に大きな町、古都チェンマイです。タイは南国だからどこも暑いだろうなんて、とんでもない。北にあるチェンマイの朝はかなり涼しくて、日中は小春日和って感じ、適温です。

そんな初めて来たチェンマイですが、その夜娘となにげなく立ち寄った所は歓楽街。そこのバーで、沢山のオカマちゃん達に出会いました。彼女達踊りがとても上手よ。
c0084467_821465.jpg

c0084467_85128.jpg
c0084467_854146.jpg

[PR]

# by aimottchann | 2008-02-22 08:14 |
2008年 02月 18日

南の国のバナナパンケーキ

南の国のバナナパンケーキはスピーディーで、手際良い屋台のお兄ちゃんが作る、熱々の出来立てパンケーキ。まずは目で楽しみ、次に舌で味わう。それは、まるでパンケーキショーを見てるかのよう。
c0084467_20581024.jpg

それでは、これから始まりますのは、it is pancake showtime.

c0084467_2172816.jpg

c0084467_2181521.jpg

c0084467_2183312.jpg

c0084467_219415.jpg

薄く伸ばした、パイのような生地を大きく広げ、バナナを包み込み両面をこんがりと焼いて、一口サイズに切り分け、その上にコンデンスミルクをかけてくれる。ここはラオスだがタイならチョレートソースもさらにその上にかけてくれる。アツアツ、パリパリでとても美味しい。これで60円ぐらいだから申し訳ない。

日暮れになれば、何処からともなく出没する、さまざまな屋台が見せてくれる、それぞれのショーは、アジアの旅だけの、楽しい思い出の一つです。
[PR]

# by aimottchann | 2008-02-18 07:12 |
2008年 02月 12日

アキとの出会い

c0084467_19575246.jpg
c0084467_19582015.jpg
c0084467_19584576.jpg


アキと出会ったのは、山と山の間から丁度夕陽が沈む、美しいバンビエンの最後の夜だった、スマイルバーでの働きと、旅行代理店からの上がりで生計を立ててると言う、そしてもう何年も日本に帰っていないし、これからも帰るつもりはないと言う。

そんなアキの生き方もっと聞きたかたなぁ~。でも、今宵限り、そしてこれが旅。<又来年ですね>アキは柔らかな笑顔を浮かべてこう言ってくれました。。
[PR]

# by aimottchann | 2008-02-12 20:31 |
2008年 01月 27日

ブルーウォ-ターのパラダイス

c0084467_20165050.jpg
c0084467_20444371.jpg
c0084467_20174466.jpg
c0084467_20183626.jpg


3日しか居られない、のどかなバンビエンでは、近くのスマイルバーのハンモックに横たわりながら、流れ行く川を身近に眺めつつラオビーヤを飲み、ぼんやりとくつろぐのもいいけれど、きっと、他にも素敵な見所があるはず、バンガローの主人に尋ねると、ブルーウォーターの川があると言う。

タクシーで、凸凹道を行くこと1時間。山から流れるゆるやかな川の色は確かに、ブルーだった。川幅は狭いが深く、魚もたくさん泳いでる。そこは、泳いだり、木の上から飛び込んだりして遊べるプールのような所だった。

我が家の近くを流れる沢の渓流が自然に作り出した、滝つぼの高い岩の上から、小さな頃から飛び込み遊びしていた娘はいつも間にか、泳いでいた人の中でまだ一人しか飛び込んでない、かなり高い木の上に居た。オーストラリア人の中年男性が私に話す。<彼女飛び込む気かね><まさか>。次の瞬間、ドボ~~ン。彼は親指を立てて、飛んだねって顔してたっけ。
[PR]

# by aimottchann | 2008-01-27 20:43 |
2008年 01月 23日

バンビエンは旅の原点

c0084467_2165219.jpg
c0084467_21232990.jpg
c0084467_2173629.jpg
c0084467_2185666.jpg

ゆったりと時間が流れる、ビエンチャンに3泊した後に、3時間程バスに揺られて着いた所は、首都がそうならば、それを上回る、リラックスムードの川と山に囲まれたバンビエンと言う、小さな村。バンガロ-式のホテルはわずか500円。そこはまだあまり観光化されてなかった頃の、タイのパンガン島と同じだったし、ここの人々の暮らしは、20年以上前のネパールの人々とも同じだった。私はここに、失いつつあった、故郷を再発見した。
[PR]

# by aimottchann | 2008-01-23 21:17 |
2008年 01月 22日

メコン川の景色

ビエンチャンの近くを流れる、乾季のメコン川。
c0084467_18582022.jpg
もうフルムーン旅行の2人。立ち並ぶ野外食堂では、新鮮な川魚や川えび、カエルや鶏肉などを焼いてくれます。ラオビールも安くて美味し!
c0084467_18571194.jpg
ビエンチャンの1日はゆっくりと、流れてゆきました。
c0084467_1910217.jpg

[PR]

# by aimottchann | 2008-01-22 19:13 |